二重

二重にはどんな種類がある?末広型・平行型の違いや印象は?

hbshow

当記事では、二重の種類や特徴、それぞれがもつ雰囲気や似合う人の特徴を紹介します。

この記事を読んで、ご自身にぴったりな二重の形を認識し、今後の二重のりやテープの使い方、二重整形などに生かしてみましょう。

\\この記事はこんなひとにおすすめ//

 普段二重のりやテープで二重を作っていて、自分に合った二重を知りたい方

 二重整形を検討していて、カウンセリング前に二重の種類を理解したい方

 目の形が与える印象や雰囲気を知り、似合うメイクを知りたい方

二重の形4種類の特徴を紹介

二重の種類紹介

二重の種類は「奥二重」「末広型二重」「平行型二重」「ミックス型二重」があります。

それぞれ特徴がありますが大きく二つのタイプに分けると、二重のラインと目頭がくっついているタイプの二重が「奥二重」「末広型二重」で、くっついていないタイプが「平行型二重」「ミックス型二重」です。

詳しい特徴について解説していきます。

奥二重の特徴

奥二重は、目頭側の二重幅がかなり狭い二重です。
二重のラインとまつげの生え際がほとんど重なっている場合もあり、一見一重に見えることもあります。

末広型二重の特徴

末広型二重は、目頭部分の二重ラインが重なっていて、目尻にかけて二重幅が広がっている二重です。
奥二重よりも二重幅が大きいため、ぱっちりとした印象になります。

世界的にみるとアジア人に多い形で、美容整形外科での施術でも人気のタイプです。

平行型二重の特徴

平行型二重は、目頭から目尻までくっきりとした線が平行に続いている二重です。
目頭と二重の線がくっついていない形となります。

世界的にみると最も多い形状といわれており、西洋人っぽさが人気のタイプです。

ミックス型二重の特徴

ミックス型二重は、平行型二重+末広型二重の中間といえる二重です。
平行型のように目頭と二重の線がくっついていないという特徴と、末広型のように目頭にかけて幅が広がっているという特徴があります。

最近名づけられた形のため、美容整形外科では徐々に人気が出ているタイプです。

参考:【二重まぶたの種類】流行りの二重まぶたとは? | 美容整形はTCB東京中央美容外科

「末広型二重」と「平行型二重」それぞれ似合う人の特徴は?

二重の似合う形は蒙古ひだとまぶたの厚さによる

二重の中でも、人気のタイプを代表して「末広型二重」と「平行型二重」が似合う人とその特徴を解説していきます。

末広型二重が似合う人の特徴

蒙古ひだがある人

蒙古ひだとは、目の内側に覆いかぶさっている皮膚のことで、目頭の涙丘というピンク色の粘膜が隠れていると「蒙古ひだがある」と判断できます。

先ほど、奥二重と末広型二重は二重のラインと目頭がくっついているタイプと説明しましたが、蒙古ひだがある=二重ラインと目頭がくっつく傾向にあります。
そのため蒙古ひだがある人にとって、末広型二重は目頭の形をそのまま生かすことができます
末広型二重は、蒙古ひだのある一重や奥二重の人が一番挑戦しやすい形でしょう。

逆に、蒙古ひだのある人が平行型・ミックス型にしたい場合、蒙古ひだの切開が必要となります。
残念ながら自力で蒙古ひだをなくすことができないからです。

美容整形では「目頭切開」という施術法がありますが、目と目の距離が近くなります。
もともとの目の位置を考慮し、目頭切開をしても不自然に見えないかどうか考えましょう。

まぶたに厚みがある人

末広型二重は、平行型二重と比較してまぶたの食いこみ幅が小さいです。
そのため二重のラインの食い込みがあまり目立たない末広型のほうがおすすめといえます。

平行型二重が似合う人の特徴

蒙古ひだがない人

蒙古ひだとは、目の内側に覆いかぶさっている皮膚のことでしたが、目頭の涙丘というピンク色の粘膜がほとんど見えている状態は「蒙古ひだがない」と判断できます。
蒙古ひだがない人にとって、平行型二重は目頭の形をそのまま生かすことができます。

そもそもの構造上、蒙古ひだがない=二重である確率が高いため、蒙古ひだがないのにもかかわらず一重や奥二重である人は少数派かもしれません。

まぶたに厚みがない人

まぶたに厚みがない人は、二重のりやテープなどで二重に食い込むきっかけを与えると、簡単に理想的な二重の形ができやすいです。

二重整形であっても、まぶたの食い込みに不自然さが残りにくいため、綺麗な平行型二重を作りやすい形と言えます。

参考:二重まぶたの種類を徹底解説!理想の二重の形に合った施術方法も紹介|二重・目元整形なら湘南美容クリニック【公式】

「末広型二重」と「平行型二重」の魅力と雰囲気

末広型二重と平行型二重の雰囲気

二重の中でも人気な「末広型二重」と「平行型二重」がもつ魅力と雰囲気を紹介します。

末広型二重の魅力

一重や奥二重は涼しげで大人っぽく上品な印象に見られやすいタイプであるのに対し、末広型二重は優しさや癒される印象を感じられます。
アジア人に多い二重の形なので、一重や奥二重から変えてもあまり違和感のない形とも言えます。

末広型二重はやわらかな印象に変えられるため、普段ガーリーなファッションやメイクが好きな方にとっては雰囲気がマッチするでしょう。

平行型二重の魅力

平行型二重は、お人形さんのようなくりっとした目が特徴的です。
西洋人に多い目のタイプであるように、ほかの顔のパーツもはっきりとしている方は雰囲気が合いやすいです。
一重や奥二重の人が平行型二重になると、一気に華やかな印象になります。

また、まぶたにつけたアイシャドウが常に見える状態になります。
いろいろな雰囲気のメイクを試したい方におすすめの形です。

不自然な印象にならない二重幅の決め方

自然な二重幅の決め方

せっかく二重にするなら、自分の顔にマッチした二重にしたいですよね。
これまでは二重の種類について紹介しましたが、ここからは二重の幅の大きさについてご紹介します。

二重幅で陥りやすい勘違いとは?

美容整形外科のSNSでよくあるのが、二重幅のシミュレーションをしている様子の投稿です。
まぶたに金属の棒を当てながら、なりたい二重の幅を調整しています。
モニターさんが幅が広い二重を望んでいることが多いのですが、幅を広げれば広げるほど綺麗な二重になれるというわけではありません。

二重幅が広すぎて不自然

二重の人と比較して一重の人は、目と眉の距離が近い傾向にあります。
そのため二重幅が大きすぎると、より目と眉の距離が近づいて不自然に見えてしまいます。

黒目の見える範囲が狭まる「ハム目」

通常、理想の二重になることで黒目の見える範囲が大きくなるのですが、二重幅を大きく取ってしまうと、逆に黒目の見える範囲が小さくなってしまうことがあります。

黒目にまぶたが被さっている「ハム目」といわれるもので、眠そうな印象になる恐れがあります。

自分に似合う二重幅を知りたい!試す方法は?

不自然に見えずぱっちりとした目元になれる二重幅はどれくらいなのか、知っておきたいですよね。
無料で手軽に実践できる方法を紹介します。

アメピン

アメピンやかぎ針のような細い棒であれば、まぶたに当てて食い込みを作ることで二重幅を作れます。
鏡の前で、まぶたにアメピンを当てていくつか試してみましょう。
ただし、まぶたの肌トラブルに発展する可能性があるので、やりすぎには注意が必要です。

美容整形外科のカウンセリング

理想の二重の幅をプロによる診察で見てもらう方法です。
ほとんどの美容整形外科が無料でカウンセリングを行っています。
二重幅だけでなく、理想の二重の形になれるかどうかについても相談することをおすすめします。

美容整形外科に行く前に読んでおきたい↓
二重整形の種類や値段などを紹介

AIシミュレーションツール

最近ではAIの技術が進歩し、スマホ一つで似合う二重を見つけられるサービスが存在しています。
リンク先からLINE追加するだけで無料で二重を試すことができるのでおすすめです。

自分に合った二重を探してみよう

二重の種類や特徴、それぞれがもつ雰囲気や似合う人の特徴について紹介しました。
記事を通して、ご自身に合いそうな二重の形は想像できたでしょうか?

あくまで個人差のあるものになるため、ご自身の手で試してみたりプロに相談してみたりして、理想のスタイルを追求してみてください!

記事URLをコピーしました